[DIY]ギターにチューニングペグを取り付け

20130501_1162785
DIYギター・ギター組み立てキット

当店のギター組み立てキットに同梱されている
チューニングペグの取り付け方法をご紹介します。

ネック(ヘッド)に塗装をされる方は、塗装後にチューニングペグを取り付けるようおすすめします。今回は、無塗装のネック(ヘッド)にチューニングペグを取り付けします。
まず、ギター組み立てキットに付属するペグは「ロトマチックタイプ」と呼ばれるもので、オールドタイプのペグと比較し、クローズド型ギアで比較的耐久性が強いことが特徴です。
とくにペグ部分のネジを閉めると、ネジの固さをコントロールでき、チューニングの安定を図ることが可能です。

ギターヘッドへチューニングペグを取り付け

ギター組み立てキットに含まれるペグは、チューニングペグ・ブッシュ・ワッシャー・ネジで1セットとした、6弦分6セットとなります。
写真のテレキャスタータイプと異なり、レスポール・SG・フライングVタイプは3:3のペグとなります。


ギターヘッドへチューニングペグを取り付け
チューニングペグ・ブッシュ・ワッシャー・ネジの組み合わせは写真のとおりです。
ギターヘッドへチューニングペグを取り付け
ヘッドに仮設置します。
この時点では、ペグを強く固定しないようにします。
ギターヘッドへチューニングペグを取り付け
ヘッドを裏返して、仮設置したペグが平行に設置されるように調整します。
調整後、シャープペンシルでネジ穴の位置を印をつけます。
ギターヘッドへチューニングペグを取り付け
印をつけたネジ穴部分に、ドリル等で穴を開けます。
ネジでそのまま穴を開けてもよいですが、メイプルネックは木材が硬いので
先に穴を開けておくようにおすすめします。
ギターヘッドへチューニングペグを取り付け
すべてのネジをしめて、ブッシュも固定するとペグの取り付けは完了です。

関連記事一覧

RockMusicStore

ギターとロックのお店「ロックミュージックストア」が運営するWEBマガジン。

世界の音楽ネタ・ギターネタをお届けします。
ONLINE STORE