これだけはハズせない、1990'sエモ名盤5選 中級編

これだけはハズせない、1990sエモ名盤5選 初級編に続く「中級編」。

なるべくYOUTUBEで音源が聴けたものだけピックアップしてみました。
BOYSLIFEやWhirlpoolなんか、意外とYOUTUBE音源が見つからなかったんだなあ。

Broken Hearts Are Blue / True About Love
Truth About Love
Broken Hearts Are Blue
Caulfield Records

ブロークンハーツアーブルー、略すれば青い失恋とでもいったところか。タイトルがエモっぽくこじらせてる。いい意味で緩急がゆるく、へんな空気感をだすボーカルが気持ちイイ。この特有のヘタウマ感満載。

▼Because I Am

アルバム曲もだいぶナヨナヨしてるけど、YouTubeで見つけたライブ動画もナヨナヨます。

Rainer Maria / EP
Rainer Maria
Rainer Maria
Polyvinyl Records

ブロークンハーツアーブルーにも通じる脱力系ボーカルだけど、サビになると燃え上がる情熱、でもなんだろう、このふわふわ感。女性ボーカルです。彼女&彼らは2007年に解散したみたい。最近、リマスター盤が再発しました。

▼I Love You Too

女性一人に男2人って色恋沙汰で、色恋沙汰で内輪もめとかしちゃったりしないのかな。

Jejune / EP

こちらもレイナーマリアと同じく女性ボーカル&ベース+男性2名のトリオ構成。レイナーマリアよりちょっとだけポップ指向で聴きやすい。

▼One Transission

ちょっとかわいい

Christie Front Drive / Anthology
Anthology
Christie Front Drive
Caulfield Records

日本での低い知名度のわりに熱狂的な支持を持つ、クリスティーフロントドライブのベスト盤、99年リリース。ツインギターがちょうどいい塩梅に噛みあって気持ちイイ。かといって曲が懲りすぎずシンプルだし。HC以降のバンドはシンプルでわかりやすくていい、シューゲイザーやスクリーモとはここが違うと思います。アルバムは、今となってはどれも手に入りにくいんだけど、コンピレーション盤がリリースされました。

▼Valentine

toeやbuddhistsonなんかもこの延長線上にあるような気がするなあ。

Mineral / EndStanding
Endserenading
Mineral
Crank! a Record Co.

90年代エモの代名詞ミネラル。最近はちょっとCDも手に入りにくくなってきているみたいだけど、これぞ90sという感じ。決して上手くはないボーカルと、絶妙にうまいのか下手なのか分からないバンド。こういうサウンドに美しいアルペジオやコード進行が乗るとあの頃の音が聴こえてくる。

▼MINRAEAL:Forlvadell

これをきっかけにイロイロと物置から引っ張り出して聴いてみたら

やっぱりどれも、懐かしくも新しい名盤だらけだ~
ほかにもBOYS LIFE,GroliaRecord,Joshua,whirlpool,SenseFieldも
いいだしたらキリがない!ということで超主観的な5選になりました。

EMO
山口 智男
シンコーミュージック

関連記事一覧

RockMusicStore

ギターとロックのお店「ロックミュージックストア」が運営するWEBマガジン。

世界の音楽ネタ・ギターネタをお届けします。
ONLINE STORE