史上最悪のコラボレーション曲


海外サイトで「Worst Music Collaborations Ever」として書かれた記事を紹介します。
ロックやポップスがヒップホップと融合したり、音楽には様々なコラボレーションがありますが、中でも「ちょっとこれは!」となるコラボレーションを紹介!

LL Cool J and Brad Paisley

Accidental Racist.という曲でブラッド・ペイズリーの良曲にLLクールJがラップをかましていますが、ちょっとコレは…いらないよね!? 3:40頃からラップでコラボしています。
 


David Bowie and Mick Jagger

スター同士の共演で期待されましたが、ただただ安っぽい感じになってしまった…

Eddie Murphy and Michael Jackson

いまだになぜ、このコラボレーションが生まれたのか理解できない。

DMX and Marilyn Manson

おそろしいコラボレーションができてしまった。

Taylor Swift and T-Pain

ちょっとこれはジョークかな!?テイラー・スウィフトに無理があるよね? でもかわいいから許します。

Korn and Nas

皮肉なことに、ダメなリンキンパーク風になっている。

Sting and Twista

べつに悪くないのですがTwistaがハマりすぎて、
言われるまでスティングがコーラスをしていることに気づきませんでした。

Ja Rule, Swizz Beatz and Metallica

なんだかよくわからない曲になってしまった…

Anthrax and Public Enemy

ジャッジメント・ナイトのOSTとして、リリースされた当時は画期的でした。メタルがラップとMIXできることを証明した曲です。管理人はいまでも最高にかっこいいと思いますけどね!

Ozzy Osbourne and Miss Piggy

コウモリの頭を食いちぎりながら、人形と歌えるのは彼だけ!

こうやって見るとロックとラップのコラボで事故多めですね!
鉄板コラボだと思っていたロック×ラップの曲も、普段はヒット曲しか耳にしないので隠れた迷曲が発見できました。

(via)http://www.stereotude.com/galleries/worst-music-collaborations-ever/